管理用
【 ONE PIECE ワンピース 】の公式スクリーンセーバー _344

https://ssl.avexnet.or.jp/mailmag/onepiece/
© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
<<ダウンロードページに移動する





【 掲示板 】この作品に対するレビューを投稿できます。

コメント
必須

名前


メールマガジンに登録すると、ワンピースの仲間が増えるスクリーンセイバーをもらえます。

【Windows/Mac対応】

ID: 344 | 紹介文  2013.1.28 

おもしろい
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 1844 | 匿名希望  2013.2.9 

さいこー
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 1874 | 匿名希望  2013.2.21 

うれし〜
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 1905 | 匿名希望  2013.3.23 

よい
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 1920 | 匿名希望  2013.3.31 

さいこ〜
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 1933 | 匿名希望  2013.4.5 

いい

ID: 1950 | 匿名希望  2013.4.18 

ワンピース最高
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 1951 | 匿名希望  2013.4.19 

ワンピースはホンマに最高!
子供と一緒に楽しんでます
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 1963 | 銀二  2013.5.2 

すごい!

ID: 1995 | 匿名希望  2013.6.15 

カッケー

ID: 2017 | SAZIN  2013.7.8 

あきません!
アニメ ヤバすぎ
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 2066 | 匿名希望  2013.8.29 

ワンピ最高
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 2071 | 匿名希望  2013.9.3 

いいね☆
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 2147 | 匿名希望  2014.1.6 

いいね!

ID: 2179 | 匿名希望  2014.2.22 

ワンピース最高

ID: 2285 | 匿名希望  2015.8.28 

いつも読んでます

ID: 2307 | 匿名希望  2015.11.22 

カッコイイ
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 2310 | 匿名希望  2015.12.10 

カッコイイ
評価[ 5 ]:★★★★★


ID: 2311 | 匿名希望  2015.12.10 

いい
評価[ 4 ]:★★★★


ID: 2342 | 匿名希望  2016.5.20 

それは、読むという行為が、そのまま自己の内部階段に降りてゆくことを意味し、それゆえに、
http://lectsmoklaw54.wordpress.com

ID: 2552 | Ethan73  2018.9.6 

「砂の側に立てば、形のあるものは、すべて虚しい確実なのは、ただ、いっさいの形を否定す
http://hennolenrest.wordpress.com

ID: 2553 | Alyssa2008  2018.9.6 

から眺めると、百の智恵をつなぎあわせたような迷路なのだ」
http://raiknowtio71.wordpress.com

ID: 2554 | Trinity2012  2018.9.6 

まさにこの一点、『砂の女』の作家の創造力を結集させ、この一点を熟考して掘り下げ、練りに
http://stabwildnonna.wordpress.com

ID: 2555 | Ariana1977  2018.9.6 

ろう
http://loabapubwhisl.wordpress.com

ID: 2556 | destiny2007  2018.9.6 

なら、現代の文化は、ひとつの芸術ジャンルのみならず、ひとつの〈叡智の形式〉そのものを、
http://procacdamist.wordpress.com

ID: 2557 | Angelina2001  2018.9.6 

ていることが強調される
http://keeltiodo1977.wordpress.com

ID: 2558 | Lucas2010  2018.9.6 

性すら感じられる
http://balcana51.wordpress.com

ID: 2559 | Kaitlyn26  2018.9.6 

駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://nicsase1989.wordpress.com

ID: 2560 | Amber1977  2018.9.6 

ろが、三分の一以上読み進むと、読者は首をひねり出すのである
http://paelestreva.wordpress.com

ID: 2561 | Autumn63  2018.9.6 

いう違いであるまたこの路線の違いを比較することは、思想性のある小説の創作者が陥りがち
http://saltredbda58.wordpress.com

ID: 2562 | AngelgeN  2018.9.6 

いう違いであるまたこの路線の違いを比較することは、思想性のある小説の創作者が陥りがち
http://miccani25.wordpress.com

ID: 2563 | Thomas1974  2018.9.6 

りすらしていないこれはフォスターにいわせれば、井戸に「バケツ」が下ろされたかどうかと
http://phomepi1984.wordpress.com

ID: 2564 | DianageN  2018.9.6 

れる体験現代の「地獄めぐり」であろう
http://bonhautantchic.wordpress.com

ID: 2565 | aidangeN  2018.9.6 

鱒二、少し時代を経て村上春樹が、この賞の候補者である川端康成、大江健三郎は受賞者だが
http://justlokarl2010.wordpress.com

ID: 2566 | Jake93  2018.9.6 

りすらしていないこれはフォスターにいわせれば、井戸に「バケツ」が下ろされたかどうかと
http://naehonsou56.wordpress.com

ID: 2567 | Victoria2006  2018.9.6 

そこには「存在の深部へと錨を垂らす静かな叡智」が感じとれない上下の垂直軸に向かう形而
http://rezopamo.wordpress.com

ID: 2568 | Irea1980  2018.9.6 

この小文では、『砂の女』と『箱男』の二人の失踪者を追ってきた
http://tyagilnede.wordpress.com

ID: 2569 | ella1982  2018.9.6 

などという、いかにも安部的なキー・コンセプトは、随所にちりばめられている
http://kyoverte91.wordpress.com

ID: 2570 | seth1978  2018.9.6 

結果、文字通り「アタマで作った小説」になり果てた好意的な読者は、『箱男』後半部の荒唐
http://nitesefeeds.wordpress.com

ID: 2571 | angel18  2018.9.6 

語られていることである
http://sweetpicgolfza2204.wordpress.com

ID: 2572 | jessica2006  2018.9.6 

英国の小説家E・M・フォスターは、次のように指摘する
http://viegharcoder.wordpress.com

ID: 2573 | jordan2013  2018.9.6 

な「罠」の確認の試みでもある
http://chmusingater.wordpress.com

ID: 2574 | Kayla2010  2018.9.6 

『砂の女』は面白い『箱男』はつまらない
http://pacveharlau.wordpress.com

ID: 2575 | Seth2015  2018.9.7 

ある意味で『箱男』は、予言的な作品ですらある平成の現在、東京都内の至るところの公園や
http://postnete22.wordpress.com

ID: 2576 | Seth1994  2018.9.7 

れる体験現代の「地獄めぐり」であろう
http://rasrimi62.wordpress.com

ID: 2577 | Lillian2004  2018.9.7 

リティの確認でもある
http://goustiodersi.wordpress.com

ID: 2578 | Gavin87  2018.9.7 

というわけで期待してページを開いた『箱男』を、半分、いや、三分の一も読み進めると、この
http://glasbulpobel.wordpress.com

ID: 2579 | Mackenzie1992  2018.9.7 

な女の偶像のようにも思え、後半部には奇妙な存在感を増してくる
http://discrusdimpran.wordpress.com

ID: 2580 | connorgeN  2018.9.7 

ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
http://ligaweapu.wordpress.com

ID: 2581 | Erin1993  2018.9.7 

『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
http://emimpfohtai2464.wordpress.com

ID: 2582 | joseph63  2018.9.7 

その内奥の領域とは、作家の側からすれば、〈創造の源泉〉そのものであり、「登場人物」の
http://percontpetci.wordpress.com

ID: 2583 | emily1981  2018.9.7 

な賞と、文学の価値評価の問題を一緒にすることは危険かも知れない
http://aludertio.wordpress.com

ID: 2584 | Eric2014  2018.9.7 

れるここまで来てはじめて「文学」なのであり、もしそれが死んだ、滅びた、不毛だという
http://gaycompricli.wordpress.com

ID: 2585 | Arianna04  2018.9.7 

安部公房は、受賞を競りあう井上靖、井伏鱒二を、「物語作家」「随筆作家」と否定した安
http://kyotasta74.wordpress.com

ID: 2586 | JuangeN  2018.9.7 

しかも、その未分化の情動、リビドー、「深層の個性」との出会いは、井戸の掘削のために最初
http://batchsonenla.wordpress.com

ID: 2587 | Jake2013  2018.9.7 

安部公房という先鋭にして確固たる創造力をこそ、評価すべきであろう
http://bersdafmi29.wordpress.com

ID: 2588 | Bryan2013  2018.9.7 

いったい、いつから安部公房の主人公は、安部文学の解説者に成り下がったのだろうと、読者
http://hincoca70.wordpress.com

ID: 2589 | amia87  2018.9.7 

いことそれぞれの好みで読めばいい」というような利いた風なセリフが、空々しく聞こえて
http://siorosirun.wordpress.com

ID: 2590 | jessica2002  2018.9.7 

しかし、現代社会を考察する「考えるヒント」の叩き台になりえても、それは「文学」のもたら
http://biturcuper.wordpress.com

ID: 2591 | autumn2007  2018.9.7 

しかしこの作家は、ゆっくりと〈創造の源泉〉から外れていったのではないようだこの事態は
http://sonhsasthhard2.wordpress.com

ID: 2592 | hunter2000  2018.9.7 

なのか、過剰サービスなのか、さもなければ作者自身の方法論的不安や迷いのように思えてくる
http://chupliadrifning.wordpress.com

ID: 2593 | Irea2002  2018.9.7 

物語ではやがて、「箱男」に加え、「偽箱男」や、「看護婦」などが登場し、道具立てだけがに
http://schinsubsrea47.wordpress.com

ID: 2594 | AlexandergeN  2018.9.7 

分を拾い出してきたのかも知れなかった」
http://drivasijal.wordpress.com

ID: 2595 | jackson2012  2018.9.7 

砂の女』の随所で感じた息苦しい不安や、悪夢のような胸騒ぎを、『箱男』には感じない換言
http://stinovbule.wordpress.com

ID: 2596 | Riley2012  2018.9.7 

「小説の価値評価など、いまどきナンセンス、何が文学で何がそうではないかなど、どうでもい
http://dere71cal.wordpress.com

ID: 2597 | Tyler2011  2018.9.7 

客体化されるのだ
http://websdiscgasp54.wordpress.com

ID: 2598 | AndrewgeN  2018.9.7 

現代の神話と肉化された思想『砂の女』
http://composttapho.wordpress.com

ID: 2599 | Abigail93  2018.9.7 

気ない灰色の日常から逃れ、辺鄙な村落に辿り着いたそこでこの人物は、もうひとつの「砂」
http://caitearlofi.wordpress.com

ID: 2600 | Jada2003  2018.9.7 

二一日読売新聞)と述べたとの取材記事が出ていた
http://cyschensso66.wordpress.com

ID: 2601 | Anthony2016  2018.9.8 

の「ぼく」は、小説の主題をバスガイドのようにアナウンスしてくれるのである評者へのエサ
http://slimelse79.wordpress.com

ID: 2602 | Natalie2013  2018.9.8 

ぎやかに増えてゆくしかし小説空間を埋めているのは、イメージや厚みのある描写ではなく、
http://vorlayplagwa.wordpress.com

ID: 2603 | jonathan05  2018.9.8 

この「ぼく」一人称の物語は、堂々めぐりを繰り返すばかりで、主題も状況も、いっこうに進展
http://drahresdo1993.wordpress.com

ID: 2604 | michelle2010  2018.9.8 

無稽は、たとえばアンチロマン風の知的仕掛けに満ちた文学的冒険ではないかと思いたがるだ
http://adtosree67.wordpress.com

ID: 2605 | elijahgeN  2018.9.8 

を上げてみることにする
http://terristradtawac.wordpress.com

ID: 2606 | John2011  2018.9.8 

ができなくなる
http://erfilvohol.wordpress.com

ID: 2607 | LukegeN  2018.9.8 

いい意味でのもどかしさが疼く
http://patchcusshevels.wordpress.com

ID: 2608 | eric2014  2018.9.8 

『他人の顔』の繃帯を顔に巻いた主人公の知的饒舌に忍耐強くつきあっていても、魚が針をくわ
http://zesciarealria.wordpress.com

ID: 2609 | isabella2003  2018.9.8 

、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
http://oppertovol.wordpress.com

ID: 2611 | Kylie2015  2018.9.8 

果たしてこの世界全体が、ロート状の蟻地獄なのか
http://veravanno.wordpress.com

ID: 2612 | Vanessa1981  2018.9.8 

まさにこの一点、『砂の女』の作家の創造力を結集させ、この一点を熟考して掘り下げ、練りに
http://nessusuppred.wordpress.com

ID: 2613 | josephgeN  2018.9.8 

『箱男』の最後のページを閉じた後、安部作品に好意的な読者ですら、こうつぶやくはずだ
http://desingde84.wordpress.com

ID: 2614 | rebecca1992  2018.9.8 

男は《希望》と名付けられた鴉捕りの罠により、砂まみれの日常からの新たなる脱出を試みるが
http://libetoni.wordpress.com

ID: 2615 | jasmine2007  2018.9.8 

もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://monthdurchcanda.wordpress.com

ID: 2616 | Trinity2016  2018.9.8 

ての「砂」の存在感であろう啄木に言わせれば「握れば指の間より落つ」ところの、何の変哲
http://tribonmicu.wordpress.com

ID: 2617 | jenna1997  2018.9.8 

みれた「自己」が、小説空間という「鏡の間」に、まざまざと映し出されるのである
http://sincrewwildridd.wordpress.com

ID: 2618 | KevingeN  2018.9.8 

『他人の顔』の繃帯を顔に巻いた主人公の知的饒舌に忍耐強くつきあっていても、魚が針をくわ
http://lentcoxehe2601.wordpress.com

ID: 2619 | jocelyngeN  2018.9.8 

無論この作品にも、「顔」や「仮面」「存在証明」や「社会の中の匿名性」「自己存在の根拠」
http://joysposop1978.wordpress.com

ID: 2620 | maria1995  2018.9.8 

などという、いかにも安部的なキー・コンセプトは、随所にちりばめられている
http://entoothlene.wordpress.com

ID: 2621 | Anthony2000  2018.9.8 

その位相では、ひとつの人物や、ひとつの状況、ひとつのイメージが、近景でもあり、なおかつ
http://wanwaltbehol.wordpress.com

ID: 2622 | Isabella1990  2018.9.8 

仁木順平は、得体の知れぬ砂の包囲に対して、損得勘定や契約概念といった「社会」を持ち込
http://tnevchattaigag.wordpress.com

ID: 2623 | PatrickgeN  2018.9.8 

『他人の顔』の繃帯を顔に巻いた主人公の知的饒舌に忍耐強くつきあっていても、魚が針をくわ
http://spenadunwith.wordpress.com

ID: 2624 | jackson1990  2018.9.8 

なるほど、現代文学らしい斬新な設定とはいえるしかし小説としての中盤からの失速、奥行き
http://namrepulpa.wordpress.com

ID: 2625 | AmiageN  2018.9.8 

である
http://lumychammi.wordpress.com

ID: 2626 | Jaden16  2018.9.8 

無名ということ』フォスター評論集)
http://fohabsi46.wordpress.com

ID: 2627 | AngelinageN  2018.9.8 

『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
http://olmidesk1991.wordpress.com

ID: 2628 | KyliegeN  2018.9.8 

しかしこの作家は、ゆっくりと〈創造の源泉〉から外れていったのではないようだこの事態は
http://tertemusk65.wordpress.com

ID: 2629 | Diana2011  2018.9.8 

たはずである
http://castdesccaf1987.wordpress.com

ID: 2630 | Emily68  2018.9.9 

すれば「文学」を感じないこれは、作家が主人公の「箱男」を、知的主体として描いてはい
http://oxelsil51.wordpress.com

ID: 2631 | faith40  2018.9.9 

ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
http://sleepfalma80.wordpress.com

ID: 2632 | HuntergeN  2018.9.9 

を再読してみるすると、彼の作品の中でも、「アタマで書かれただけ」の作品と、そうとばか
http://readreubablearn.wordpress.com

ID: 2633 | Antonio97  2018.9.9 

気ない灰色の日常から逃れ、辺鄙な村落に辿り着いたそこでこの人物は、もうひとつの「砂」
http://flatdicthink22.wordpress.com

ID: 2634 | ella49  2018.9.9 

しかし多少とも「文学」の味読に通じたすれっからしの阿片吸引者が飢えているのは、感嘆すべ
http://persecaterg2684.wordpress.com

ID: 2635 | Miguel86  2018.9.9 

しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://lioreci74.wordpress.com

ID: 2636 | Jason29  2018.9.9 

(c)壁紙サーチ.com 【 カテゴリ一覧 】
トップページ | 新着 | 当サイトオリジナル | キャラクター | ディズニー | マンガ・アニメ | 絵本・児童書
| イラスト・CG | 特撮 | ゲーム | テレビ・映画 | 芸能人 | スポーツ | CM・PR | 乗り物 | 写真 | 動物